営業時間  09:00~20:00 
定休日 日曜日 祝日
(祝日が土曜日の場合は営業)

お酒の豆知識

酒屋だからこそのお酒の楽しみ方を教えます!
季節のおすすめのお酒や、お酒の楽しみ方など。
知れば知るほど楽しい。
 
 

記事一覧

10月1日は日本酒の日。

昭和53年に日本酒造中央協会が、10月1日を日本酒の日としました。
酒、酔、酌、銘酊、醸など、お酒にまつわる漢字には、「酉(とり)」が共通しており、十二支の「酉」は数えて10番目。さらに「酉」は像形文字で酒壺の形を表してしていて、酒を意味すると言われています。
また、1965年以前は酒造年度が10月1日からと決められていたことから、蔵元では、この日を「酒造元旦」として祝っております。 
 

ひやおろし

秋に入ると食べ物も美味しい季節となりますが、日本酒もとても味わい深い時期になります。「ひやおろし」とは冬に醸されたお酒を火入れし、瓶詰あるいはタンクに貯蔵し夏を越した時期に、蔵内で「呑み切り」という行事があり<蔵内の全ての貯蔵したタンクの口(この口を呑みという)を切りきき酒すること>この時点で最も最適な熟成をし飲みごろのお酒を、原酒のまま瓶詰めして出荷することを「ひや」で「おろす」ところからひやおろしと呼ばれています。
 
※昔は冷蔵設備もなく、「ひや」は常温のことをいいます。落語なので、ひや酒という言葉が出てきますが、すべて常温の酒という意味でした。
 

11月1日は本格焼酎の日。

昭和62年に日本酒造組合中央会は11月1日を「本格焼酎&泡盛の日」としました。
毎年8~9月に仕込みが始まり、その年の「本格焼酎ヌーヴォー」、つまり縁起の良い新酒が飲めるようになるのが、11月1日前後だった事から、11月1日を本格焼酎の日となりました。

ボジョレー・ヌーボーとは?

フランス・ブルゴーニュ地方 ボジョレー地区で、その年に収穫されたブドウを仕込む新酒(ヌーボー)。
解禁日が11月第3木曜日と決まっており、世界で一番初めに解禁されるのが日本ということで盛大なニュースになります。
みなさんヌーボーを飲まれたことがあるとは思いますが、「薄くておいしくない」という方もいらっしゃいます。しかし、ヌーボーは「その年のブドウの収穫を楽しみ、出来を確認するお祭り」なのです。力強くガッシリとしたワインは違うワインに任せて、ヌーボーのフレッシュさや華やかな果実味を楽しみながら「今年のヌーボーは去年に比べて良かった。」などと盛り上がってみてはいかがでしょうか。
 
※実はボジョレー・ヌーボー以外にも新酒が出ているのをみなさんご存知でしょうか?イタリアではノヴェッロ(10月30日解禁)オーストリアではホイリゲ(11月11日解禁)があります。今年はフランスのボジョレー・ヌーボーだけでなく、他の新酒もお楽しみください。